学力向上の為に

個別指導の特徴について

個別指導とは文字通り個別での指導により学力の向上を目指すことです。 教室内は細かく仕切りがあり、自分だけのスペースで勉強することができます。 現在では、多くの学習塾が個別指導グループ指導の両方を採用している場合が多く希望により選択することが出来ます。 指導自体は個別で行われるものの、同じ教室で数人の生徒が勉強していることもあります。 一教室に一人というわけにはいかず、他人を指導している声が聞こえることもあります。 個別指導のメリットは、自分のペースで勉強することができることです。 自分の苦手な教科をとことん取り組むには向いています。 また、質問しやすいのもメリットです。 学校の授業では聞けないところも個別指導なら気兼ねなく質問することが出来ると思います。

デメリットを理解して対策を

一方で個別指導ならではのデメリットもあります。 自分のペースで勉強できる分、カリキュラムが遅れてしまうことがあります。 勉強には他人との比較が必要な場合もありますので注意してください。 対策としては短い期間の目標をきちんと立てることです。 次の模試までになどといった近い目標を常に持つことで、最終目標である志望校の 合格を見失わずに済みます。 また、志望校はなるべく早く決定しそれに向かった勉強を意識することが大切です。 この他には、個別指導は普段自分のスペースだけで勉強しているため、大勢の中に入ると気が散ってしまうこともあるようです。 受験当日はすぐ隣に人がいます。 そのような環境の中でも集中してテストが受けられるように慣らしておくことも重要です。 あえてデメリットを見つけることで事前に対策を打つことが出来ると思います。

 
Copyright (C) 2015 塾を検討するなら個別指導の教室が良いのは確実 All Rights Reserved.